ダメな不動産営業マンの例から成功をイメージする

不動産

ダメな不動産営業マンの例から成功をイメージするについて

画像
不動産営業マンはお客様の心をつかみ、常にお客様の身になって一緒に物件を探す必要があります。客側としても良い営業マンのところで物件購入や契約をしたいものです。ダメな不動産営業マンの例をいくつか紹介します。 1つ目は身だしなみが悪いことです。第一印象ですべてが決まるといわれている身だしなみであり、髪の毛やスーツ、Yシャツ、ネクタイなど気を付ける必要があります。また、靴もきれいにしておくなど足元にも注意しましょう。 2つ目は物件の詳細について説明できないことです。いくら会社で持っている物件が沢山あったとしても物件の説明を詳しくできないのはもってのほかです。また、説明がアバウトであってもダメで、物件ごとの利点や欠点を説明できると信頼が持てます。詳しく説明できるとよりお客様も物件に興味をもって下さるので地道な努力を怠らずに物件を調べる必要があります。 3つ目は、実際に見てもらおうとすることです。忙しいお客様ではまず、営業マンからの説明を頼りに物件探しを行います。常に相手が忙しいということを前提にしてお話をはじめるようにしましょう。

について

画像