不動産鑑定士とはどのような仕事であるか

不動産

不動産鑑定士とはどのような仕事であるかについて

画像
不動産鑑定士という資格をご存知でしょうか。この資格は、司法試験、公認会計士試験とならんで三大国家資格と呼ばれている資格です。業界では最高峰の資格であり、この資格を持っていると不動産の鑑定評価が行えます。現在全国でも7000人程度しか資格取得者がいないためかなり希少価値が高い資格になります。鑑定士の試験方法は短答式および論文式による筆記試験になります。短答式試験はマークシート方式の試験であり、論文式試験は民法や経済学、会計学といった論文試験が行われます。鑑定士試験に合格すると、実務修習を修了して、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受け、不動産鑑定士になれます。資格保有者は様々なところで活躍しており、鑑定評価業務も民間のみならず地価表示や固定資産税といった公的な鑑定評価も行えます。公的な鑑定評価はなくてはならないものなので常に鑑定士はニーズが高いものといえます。また、民間の鑑定評価も土地や建物の鑑定評価や賃貸物件についての鑑定評価をおこない常に重要性が高まっています。その他にもコンサルティング業務といったものもあり、鑑定士の資格取得は大変メリットのあるものだといえます。

について

画像